ABOUT TERASOLUNA - TERASOLUNA概要

多様なシステムを短期間で構築する「TERASOLUNA」

TERASOLUNA(テラソルナ)は、オープン系システム開発のためのNTTデータの総合ソリューションです。NTTデータはこれまでTERASOLUNAを用いて大規模・複雑でミッションクリティカルなシステムを数多く構築してきました。
2012年、その高品質を実現する手法はそのままに、高度な自動化技術を活用するしくみを整備したことで、TERASOLUNAはHigh Speed & High Qualityを兼ね備えたソリューションに進化しました。
NTTデータでは、TERASOLUNAを利用・成長させることで、システム開発の姿を抜本的に革新します。

いま必要とされるシステム開発技術 - 高速開発と長期保守

グローバル化の進展など、昨今のビジネス環境の急激な変化に伴い、ビジネスを支えるITシステムの開発短期化への要求が高まっています。しかし、短納期を追求するあまり品質がおろそかになり、保守時のシステムトラブルの多発やドキュメント不備による仕様の把握困難などの問題に発展するケースも増えています。
「短納期」と「高品質」。このトレードオフの関係のように思える要望をいかに実現するか。さらには、お客様ビジネスの武器となるようなシステムをいかに実現するか。NTTデータは、お客様ビジネスの競争力となり、長く利用していただくシステムだからこそ、お客様要望に柔軟に品質高く応えることが重要だと考えています。そこで、長期保守に耐える高品質を維持したまま、高効率開発できる仕組みを検討し、実現したものが、All-in-Oneの開発自動化ソリューション「TERASOLUNA」です。NTTデータは、TERASOLUNAに、システム構築をワンストップでサポートするシステムインテグレーション・サービスを組み合わせることで、多様なシステムを短期間で構築します。

  • TERASOLUNAの高速開発を可能にする技術
  • TERASOLUNAの長期保守を可能にする技術
必要とされるシステム開発技術
  • TERASOLUNAの高速開発を可能にする技術
    詳しく見る
  • TERASOLUNAの長期保守を可能にする技術
    詳しく見る

TERASOLUNAの特長

ビジネス環境の変化に柔軟に対応しながら、企業システムとしての安定運用を実現するといった複合的な課題に対応していくためには「開発時の生産性」「保守時の変更容易性」など、幅広い観点で最適化されていなくはなりません。
TERASOLUNAはお客様が保有する既存システムも考慮した、システムライフサイクルを全面的に支える一貫したソリューションを提供します。人間による単純作業を徹底的に自動化するソリューションの提供によって、システムライフサイクル全体を通した高生産性と高品質の両立を実現しています。

POINT1. 複雑化したソースコードからの正確な仕様解析 - TERASOLUNA Reengineering
現行システムのソースコードから処理や機能、仕様を正確に低コストで解析。カスタマイズが可能な点が特徴で、特殊な書き方をしたCOBOLコードにも対応。また、設計書様式もお客様に合わせて出力します。機能の見える化による業務把握だけでなく、不稼働資産の見える化によるシステムのスリム化、変更箇所の見える化による保守効率化も実現します。
POINT2. 設計段階での自動検証による整合性確保 - TERASOLUNA DS
大規模分散開発の課題であった整合性チェックと影響分析を自動化。品質確保の観点で必須となる多数のチェックルールを搭載しており、速さの追求だけでなく、高品質も担保します。
POINT3. 複雑・多様なアプリケーションの完全自動生成 - TERASOLUNA ViSC
設計情報からソースコードを100%自動生成。設計書とソースコードが完全に一致するため、保守・運用時にも効果的。自動生成には、NTTデータの大規模システム開発で蓄積したモジュールを利用しており、生産性を向上させています。
POINT4. 網羅的なテストの実行を実現 - TERASOLUNA RACTES
設計書等の成果物からテスト時のチェック観点を自動抽出。網羅性、妥当性を伴った試験項目に基づく試験の自動実行によって、後プロセスでバグが検出されるといった低品質、また無駄なテスト実施による高コストも防止します。
TERASOLUNAを利用したシステム開発のイメージ
  • TERASOLUNA Reengineering
  • TERASOLUNA DS
  • TERASOLUNA ViSC
  • TERASOLUNA RACTES

TERASOLUNAの適用実績

TERASOLUNAは2003年にNTTデータのソリューションとして発足してから、多くのシステム開発に適用され、適用数は累計765件です(2012年3月末時点)。
オープン系の標準としてのニーズを満たしているため、業種業態を問わず、どの分野でも採用されているのが特徴です。
さらにTERASOLUNAは、NTTデータグループの共通ツールとして海外グループ会社にも広く普及展開しています。海外での適用実績も増えており、”One NTT DATA”としてグローバルに連携した総合力を発揮し、TERASOLUNAの採用をサポートしています。

某更改開発プロジェクト

自動検証・自動生成による高品質システムの高速開発を実現。

最短で、詳細設計から受入試験までの期間を1/3に短縮。また、試験時のバグ件数が非適用時の1/7に削減できるなど、手作業によるミスを省くことで、品質も向上しました。

某新規開発プロジェクト

ドキュメント品質を維持した素早い開発を実現。

形式的なエラーは、自動チェックで確認・修正しておくため、レビュー時には設計内容の確認に集中。これによって、大きな手戻りを防ぐことができ、開発後半が安定しました。

某保守開発プロジェクト

既存資産の見える化とプロセスの最適化を実現。

COBOLからのコード解析によってプログラム・業務・資産の見える化を実施。当初想定に比べて約1/10の時間でプログラム仕様書を100%自動生成しました。

某保守開発プロジェクト

設計書から正確な仕様を理解し、修正漏れ/テスト漏れのない機能追加を実現。

大規模システムでも、常に設計書とコードのトレーサビリティ・整合性を保った状態を維持して稼働中です。